印紙税がかかる不動産

不動産の印紙税について

不動産の契約書情報

新着情報

不動産賃貸契約書の印紙について

不動産の賃貸契約書には、印紙税が課せられない場合と課せられる場合とがあります。賃借物件が建物のみと記載されている場合は、課税対象となりません。しかし、賃借物件の内容に敷地(土地)も含まれている場合は、課税対象となります。また、貸しビル業者などと締結する契約においても、建設協力金や保証金などの名目で金銭を納め、一定期間据え置いた後で割賦償還するといった内容が含まれている場合も、その契約書は課税対象となります。契約書が課税対象となった場合には、書類を作る側、つまり不動産を貸す側に納付義務が生じます。

Building

賃貸を売却しました。

賃貸として貸していた物件を売却しました。不動産売買で一番高いのは、印紙税だと思います。税金対策をしっかりしないと、無駄にお金を支払うことになります。できれば費用も抑えたほうが良いです。売買で利益が少なくなる原因は諸費用です。税金を納めないと法律違反になります。税金は無視することができないので、必ず払います。誰にでも適用されるわけではないですが、税金を控除することもできます。不動産の費用の節約は業者選びが重要になると思います。手数料が安いほど業者ほどお得です。自分に合わないような業者は良くありません。