マンション大規模修繕工事

マンション大規模修繕工事で

不動産の契約書情報

マンション大規模修繕工事とは

一般的にマンション大規模修繕工事は建築後12年から15年間隔で実施します。大規模修繕にかかる費用は1回につき1戸あたり100万円が相場ですから、例えば全部で100戸の区分所有者がいるマンションなら、管理組合の修繕積立金がマンション大規模修繕工事として1億円以上必要になります。足りない場合は、専有面積に応じてそれぞれの区分所有者が相応の一時金を拠出しなければなりません。従って、新築マンションを購入する時には「相場より安すぎる」管理費、修繕積立金を宣伝する物件には注意が必要です。