住宅ローンの注意

住宅ローンを活用する注意

不動産の契約書情報

自分で決める住宅ローン

マイホームを購入する際、多くの人は住宅ローンを活用するでしょう。様々なタイプがありますし、難しい、複雑といったイメージを持つ人も少なくありません。しかし、長いお付き合いになるので、情報を集めて、自分自身で判断し、返済できる範囲の住宅ローンをお勧めします。何十年といった契約になりますが、途中で借り換えや期間の変更なども可能です。手数料がかかる事がありますが、返済できなくなる前に借入先へ相談してみましょう。

賃貸住宅と持ち家、どっち?

家族暮らしが住宅を選ぶ時に迷うのが賃貸にするか持ち家にするかです。賃貸は初期費用が安いですのでそれほどまとまったお金が無くても住むことが出来る点や近所で騒音がする時などは割と簡単に引越しをすることが出来る点がメリットです。その反面、賃貸住宅は何十年住んでも自分の所有物にはならないという問題点があります。これに対して持ち家は初期費用が高い為、最低でも200万円以上お金がないと購入できません。ですが、一度購入すれば一生自分たちの物になります。どちらを選ぶかはどこに価値を置いているかで決まるでしょう。