レコーディングをしたいときのスタジオ防音工事

TOP > スタジオ防音工事のお得情報 > レコーディングをしたいときのスタジオ防音工事

レコーディングをしたいときのスタジオ防音工事

身近に音楽を楽しめるものとしてはオーディオプレーヤーがあるかもしれません。
ヘッドホンを装着して利用すれば自分だけ音楽を楽しめ、周りにはほとんど音を漏らすことがありません。
一人で聴く分にはそれでもいいのでしょうが、スタジオなどになると複数の人が音楽を聴いたり演奏をします。
周りに何もないところにある建物内なら何の加工もしなくても周りに迷惑をかけません。
自宅のすぐ外だとそれなりに音が聞こえたりしますが、少し離れれば聞こえなくなるでしょう。
これが周りに住宅などがある建物であったり、ビルなどの一室となると様子が変わります。
日常生活の音であればそれほど大きく周りに聞こえることはないでしょうが、意識的に大きな音をたてたりすればそれなりに周りに聞こえ迷惑になる可能性があります。


周りへの音が気になるのであれば、スタジオ防音工事を行ってもらうと良いでしょう。
建物を一から作ってもらうと確実に行ってもらえますが、既にある建物内やビルの一室のみ行ってもらうこともできます。
壁に防音のための素材を取付けたり、天井や床にも一定の加工を行うことでその外部への音を極力減らせるようにできます。
注意したいのはそのスタジオで何をするかになるでしょう。
ライブなどを行うとのあると音楽以外に観客などもいてそれらの人の音を抑える必要があります。
またピアノなど高い音が出る楽器を使うときにはそれ以外の楽器を使うときよりもより防音効果が高くなるようにしなければいけません。
目的が決まっていないなら汎用的な設備がいいでしょうし、決まっているなら目的が達成できる工事をしてもらうと良いでしょう。


レコーディングをする目的でスタジオ防音工事をしてもらうのであれば、まずは何のレコーディングをすることが多いかでしょう。
よく使う楽器、歌などがあるかで内容が変わってきます。
レコーディングにおいては単に防音ができればいいだけでなく、きれいな音が録音できる必要があります。
音は反響するので、外に逃がさない加工だけをすると籠もってしまう可能性があります。
きれいにレコーディングができるよう、壁などに音を吸収させる仕組みなどが必要になるかも知れません。
業者によってはレコーディングに必要な機材などを予め組み込んだ工事をしてくれるところもあります。
演奏する場所とレコーディングの指示や操作をする機材を別にするなども可能なので、目的をしっかり伝えて工事をしてもらうようにすると良いでしょう。